top of page

金属屋根にも種類があるの🤓❗❓


一口に『金属屋根』と言っても、さまざまな種類が存在します

例えば、一昔前までであれば『トタン屋根』などと呼ばれる金属屋根素材が主流だったのですが、非常にサビに弱く耐久力が低いということで、現在では一般住宅に採用されることはほとんどなくなっています。


金属屋根の素材の種類は

大きく分けて6種類、それぞれ違う特徴と耐用年数に関してご紹介🤗



🏠トタン屋根🔨一般的な耐用年数は10~20年程度


鉄板を亜鉛メッキで覆った金属の屋根材❗

表面塗装が剥げてしまうとすぐにサビてしまい、穴が開いてしまうような素材😣💦

❝トタン屋根❞の名称で知られており、非常に安価✨軽量✨という特徴を持っているため、一昔前(高度経済成長期)までは一般住宅でも良く使用されていました‼ しかし、非常にサビに弱く💦熱を通しやすい💦遮音性が低い💦など、一般住宅の屋根材としては弱点が多いのがデメリット😥


現在では工場や倉庫などの施設で採用される程度になっており、より耐久性の高い屋根材が多く販売されているため、リフォームで使われることはまれです。




🏠ガルバリウム鋼板屋根🔨耐用年数は、25~35年程度


鉄板を、アルミニウムと亜鉛の合金でメッキした屋根材❗

金属屋根へのリフォームで一番メジャーなのが、この❝ガルバリウム鋼板❞です😀

❝トタン屋根❞と比較すれば、非常に耐食性が高く✨長持ちする✨のが特徴です‼

最近では、ガルバリウム鋼板をさらに改良した『SGL(スーパーガルバリウム)』に切り替わってきています🪄

ガルバリウム鋼板屋根は、非常に軽量で熱反射性に優れる✨多彩な塗装が可能になる✨など、一般住宅の屋根材としては非常にメリットが多いと言われ、耐用年数が十分に長いのも魅力💙💙💙


ただし潮風には弱く💦、年数が経つと錆びてしまう💦こともあります😣

海沿いの地域にお住まいの方なら、より錆びにくいジンカリウム(自然石粒付き)鋼板の屋根がおすすめです😘




🏠ジンカリウム(自然石粒付き)鋼板屋根🔨耐用年数が30年以上

❝ジンカリウム❞と❝ガルバリウム❞の違いは、亜鉛とシリコンの含有率、商標の違いのみです❗

特に海外で多く使用されている屋根材で、日本で見かけるものは石粒がコーティングされたものが多いため、表面に石粒があるものを「ジンカリウム鋼板」と呼ぶケースが多いです。

ガルバリウムより少し重いですが、コーティングや石粒があるおかげで塩害(潮風によるさび)にも強い耐久性を発揮✨するのと、長期間再塗装しなくても良い✨のが大きな魅力です💖

しかし、まだまだ日本では施工できる業者が限られている屋根材のため、施工実績が豊富で信頼できる業者を探すのが少し難しいのが難点です😗




🏠銅板屋根🔨耐用年数は40~50年程度


❝銅板屋根❞の特徴は、新築時から年数が経つと徐々に青緑色に色が変化していく、独特の風合いと重厚感です❗

これは緑青(ろくしょう)といい、サビへの耐久力を強めてくれる役割をもっています😉

高耐久なうえ、軽量で柔らかく加工がしやすいことから、繊細な仕上がりが求められる純和風建築や寺社仏閣に多く使われてきました⛩️

一般住宅では、変色は好まれませんし、現在では和風建築が減っているのと、非常に高価なため、リフォームや新築で使われることはまれです😮

非常に長持ちするのですが、メンテを怠ると意外と簡単に穴が開いてしまうので注意が必要です⚠️




🏠ステンレス屋根🔨耐用年数が35~50年程度


鉄にクロム・ニッケルなどを含んだ合金の屋根材❗

キッチンなどの使用されるステンレスは、錆びに非常に強い✨ことが魅力です😘

屋根は常に風雨にさらされますので、このサビに強いという素材的特徴が大きな魅力になるのです💖 ステンレス屋根は、耐久性・耐食性に非常に優れている✨という特徴があるのですが、屋根材としてみた場合には、高額💦という致命的な欠点がありますが…非常に長持ちする✨のは魅力的ですね🥰


単価が高額なのと、施工できる業者が少ないため、普及率はまだまだ低いです😣

ただ、非常に高い耐久性を持っているため、体育館やホテルなどの大型施設等で使用されることが多い屋根材です🏬



🏠チタン屋根🔨耐用年数が50年以上


金属屋根の中でも圧倒的な耐久性✨がこの素材の魅力です❗

また、非常に軽量ですので、建物への負担が少なくなり、耐震性能に有利💪という特徴も持っています しかし、非常に加工が難しく💦高価な屋根材💦となってしまうというのが難点で、費用が高いため、戸建住宅ではほとんど使われていません😣

有名な建築物だと、東京ビッグサイトや浅草の浅草寺などが挙げられます。




金属屋根の

《メリット》

🎈非常に軽量

🎈加工しやすい

🎈耐久性が高く維持費を抑えられる


《デメリット》

🚨遮音性が低い

🚨断熱性が低い

🚨サビる


金属屋根はそれぞれに長所・短所があるので、どれを選べば良いのかは、皆さまご自身の考え方や建物の状況によって変わってきます✨




こんな方におすすめ💕の金属屋根は??


なるべくリーズナブル💛に金属屋根にしたい!!

⬇️⬇️⬇️

💛ガルバリウム鋼板がおすすめ💛

耐用年数20年以上、とトタンに比べて十分長いですが、本体価格はジンカリウム鋼板の半分程度で、費用と耐久性のバランスが優れているからです😉

実際に戸建住宅のリフォームでは最もメジャーな金属屋根材で、製品の色・デザインや施工事例も豊富で安心感があります。

できるだけコストは抑えたい💛という方ならガルバリウム鋼板がおすすめ💛




しっかり長持ち💜させたい、あるいはおしゃれなデザイン💜にしたい!!

⬇️⬇️⬇️

💜ジンカリウム(自然石粒付き)鋼板がおすすめ💜

石粒がコーティングされていることで、耐用年数は30~50年と非常に長く、長期間塗り替えの必要がありません。

また、塩害にも強いため、海沿いの地域でも高い耐久性を発揮してくれます。

デザイン面でも、石粒によるざらざらした質感は、一般的な金属の光沢感があまり好きではない方にもぴったり💖

ガルバリウムよりは多少費用がかかりますが、耐久性や見た目のデザイン性にこだわりたい方はジンカリウム鋼板がおすすめ😘





何回も足場を建てるのが大変な大型建物には

⬇️⬇️⬇️

💚ステンレスがおすすめ💚

ほかの金属屋根と比べると価格は高くなりますが、耐食性(錆びにくさ)に優れ、約50年も持つほど、劣化しにくいためです。

基本的にはメンテナンスの手間がほとんどかからず、ランニングコストを抑えられるのが魅力💖

なるべくメンテナンスの手間をなくしたい方、特に大型物件の屋根リフォームを検討するなら、ステンレスの屋根がおすすめ🙂



どの屋根も定期的な点検・メンテナンスさえ行えば長持ちする、非常に良い建材です💖

メンテナンスの時期は屋根材により異なりますが、点検は年に1回を目安に行うといいでしょう😘

大切なお家の屋根選びに、お役に立てれば幸いです😉


。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ ぜひこちらもご参考に💙Click💙してください😘 🎈過去のブログ 👇👇👇




🎈HP内

👇👇👇




。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ 🌈Instagram 🌈Twitter 更新中です🎵🎵 よろしければ、ぜひぜひご覧ください🥰 ご自宅のことで少しでも気になることがございましたら、 お気軽にご相談ください😊 現地調査、ご相談、お見積もりはもちろん無料です❣️❣ お客様にあった最適なプランや塗料をご提案いたします😉✨

🌈お問合せ こちら👆クリック!! LINEでもご相談、見積りをお受けしています❣❣ TipTop ☎️0120-399-391 📩info@tiptop-paint.jp