🏡内壁をオシャレにする塗装✨     ⭐リノベーション⭐



塗装は一体感のある仕上がり、微妙な色の再現、DIYで塗り替え可能など、壁紙や板張りにはないメリットがあります❗



内壁をオシャレに演出するなら塗装もあり😆

インテリアを考ていると、どうすれば自分の理想を実現できるか、と悩んでしまうこともあるでしょう😯面積の大きい壁面の仕上げはインテリアの印象を左右しますが、量産クロスは何千と種類があり、その中から自分の理想を見つけるのは一苦労😣💦 塗装にはクロスにない良さがあります✨



👇マンションリノベーション


🌈塗装するメリット🌈

1️⃣カラーが豊富

一番は、色の微調整ができることです❗❗自分が好みの色をかなり自由に調整できるのが大きな特徴です✨ 色選びの際は色見本から選ぶことができます。例えば、日本塗料工業会の「2019年K版 塗料用標準色」では、650色以上が収録されています。そこから、濃淡の近似色2種類、艶のあり、なし、半艶などのバリエーションを加えると、6,000色以上の色から選ぶことができることになります。 インテリアの中で「色」は重要な役割を占めます。微妙な色の表現ができる塗装は、オシャレなインテリアを作るうえで重要な存在です。


2️⃣おしゃれな質感

塗装仕上げは色以外にも、壁の質感を出せるというメリットがあります❗ 塗装の色の塗膜は0.03mmほどと、とても薄いので、壁の質感を生かして色を変えることができます。塗料自体も、艶あり、艶なしといった質感をコントロールできる製品があります。 他にも独特の風合いを持つ塗料もあり、

木の表面を塗装する場合、木目の輪郭を生かしつつ色を付けていくことが可能です。

一方で、木目を全くなくして鏡面状態に仕上げることもできます。 左官仕上げの壁やコンクリート壁の塗装では、下地となる素材の質感を生かしつつ、インテリアに合わせて色を変更することができます。 塗料自体が独特の質感、風合いを持つ製品も出てきました。光沢のある塗料、金属のような質感を持つ塗料、マットな風合いを持つ塗料など。バリエーションも豊富でインテリアのテイストに合わせて使い分けをしたくなるような製品が多くあります。


3️⃣汚れても塗り替えできる

比較的簡単に塗り替えできることです❗DIYでも塗り替えが可能です。 「跡を残さず上手に塗りたい」というレベルであればプロにお願いした方がキレイに仕上がります。そこまでではなく、例えば週末にできる範囲で塗り替えたいというならば、自分たちで塗装する手もあります。


4⃣廃材が出ない

壁紙クロスの貼り替えの場合、剥がした壁紙を廃材として処分することになりますが、塗り替えの場合はこのようなゴミが出ないため、塗装の方が環境に優しいと言えます。


😢デメリットもあるので注意が必要です😢


壁紙から内装塗装に変える際には時間がかかる💦

まず壁紙をはがして下地を補修しなければなりません。

最低でも半日、場合によっては数日かかるでしょう。


臭いが気になる

塗料には有機溶剤が含まれており、鼻や目を刺激します。そのため、塗装の際には窓を開けるといった換気への対策が必要です。

内装の工事には刺激が少ない水性の塗料や、健康に悪影響のない塗料を使用します。





↓木枠に『ユーロ』を使用しました✨

 詳しくはこちら👉国産の自然塗料『ユーロ』について





ティップトップでは、内装塗装も行っています😊

ご自宅のことで少しでも気になることがございましたら、お気軽にご相談ください😊

現地調査、ご相談、お見積もりは無料です❣️


お客様にあった最適なプランをご提案いたします😉✨


🌈Instagram

🌈Twitter も更新いてます🎵🎵

よろしければご覧ください🥰

🌈お問合せお待ちしております🤗



TipTop

☎️0120-399-391

📩info@tiptop-paint.jp